見た目と中身の話

ほんの少し前にお皿の上にあった料理を、流しに出すだけで生ゴミになる現象ってどういう事なのでしょうか……?お料理をする度に思います。

そりゃ、細菌やウイルスなどの問題があるのでしょうが、もしシンクの上が綺麗で清潔であっても、やっぱり同じことを思うのではなかと。
こういう時に、見た目の大切さを実感させられます。
『人も物も、万物は見た目が大切だ』と。

反対の事を考えれば、例えばボールペン。
周りは綺麗でも、中のインクが切れてしまえばそれはもうゴミです。詰め替え用のインクを詰めればまた使えますが、中身が無くなったらそれはもうゴミ。
こういう時には、中身の大切さを考えさせられます。
『人も物も、万物は中身も大切だ』と。

何かの事柄があれば、それに反する考えもある訳なので、社会や人生は楽しいけれど、それと同じくらい難しいんだと思います。

私は良くも悪くも見た目がアレなので、相手から寄ってくることは皆無に等しいです。
それでも話し始めると「第一印象は話しかけづらいのに、話してみると柔らかいね」とか言って下さることがあり、その時ばかりは全力で照れます。みんながみんなに言われる訳では無いですが、そう言って下さる方が1人でもいるっていうのは、嬉しいものです。

物はまず第1に見た目が大事。そのあと中身。
でも人は見た目と中身とのバランスが大事なのかな、なんて思いました。

素敵な人でありたいなあ。