叶わないけど あの空へ

空の上はいつでも 嘘 みたい。

f:id:t_oukan:20170719223419j:plain


長所がないとか価値がないとかそういうことを
全部嘘にしてくれる、気がする。


心臓が止まるくらいに好きな人が月の裏側にいても、
絶対に手は届かないし、寧ろ声すら届かないけど、
空の上なら、空の上だったら声くらいって。

思ってたんだけど、
届いた声も空の上では嘘になりそう。

それでもやっぱり空の上って好きだし、
強くなったら会いに行くから、
重力を殺す翼を分けて欲しいなって思います。


一人っ子は1人で遊ばなきゃいけないことが多くて、
空を見るのが好きで、
背伸びしなくても空が届く場所を探したり、
寝転がった先の雲の秒速をはかったり、
無限の空に印をつけて飛行機雲を描いたりしてたから、
空にはどんな可能性もあるって思ってました。

人間も、生きやすくなるために進化したのに、
鰓も翼もなくて生きにくいなって思うけど、
鰓も翼もあったら水への憧れも空への憧れも
消えちゃうからそれも困るな、みたいな。


生まれてから今日まで、
割とずっと限りなく底辺の近くにいることが多くて、
だからこそ上を見ることが多かったし、
上を見ることが好きだから空への憧れも生まれたし、
これからも上を見たいなって思いました。


というのもとあることで、
自分よりも下を見ている自分に気づいたんです。
昔は下を見て生きるのが嫌いだったのに、
中途半端に大人になって自分の身なりや立場を気にして、
下ばかり見ていることにようやく気づきました。

f:id:t_oukan:20170719223517j:plain


それに気づいた日に見上げた空は悲しくなるくらいに綺麗で、
空に向かって上に行くことを思い出しました。


夏はまだまだこれから?

無言の空に強請ってみた日の話


羽田空港に行きました。
飛行機が好きだからです。
飛行機は大きくて、かっこよくて、
空っていう道のない道を進んで行って、
暗闇を光を発しながら進んで行って、
ピカピカしてて、キラキラで、
何よりも多くの人の様々な思いを運んでくれる
魔法の翼を持った乗り物で、
これから起こる冒険の始まりの空間。

飛び立つ瞬間から、
雲の向こう側に見えなくなるまで、
飛行機をただただ眺める時間が好きだった。

f:id:t_oukan:20170422192009j:plain


写真に撮ると、偽物っぽいし、偽物。

羽田空港の国際線は日本風にしてあって
日本橋なんかもありました、よ。


f:id:t_oukan:20170422192027j:plain


空港にもたくさんの人がいて、
同じようにスーツを着てただ飛行機の行き先を
眺めているだけの青年がいて、
どんな色でお話するのか気になったし、
手を繋いでいるふたりが、手を離して、
背中を向けて進んで行ってたけど、
あの後彼女が振り返ったことは、
彼は知らないんだろうなって思ったりしました。



なんでもない景色も出会いと別れが溢れる空間では、
ひとつひとつが特別に見えるものだねー。

思いっきり失敗した日

金曜日は、理由とかないんですけどなんかめちゃめちゃ楽しくなっちゃって好きです。


「金曜日」っていうだけでなんかちょっと楽しくはなるんですが、やっぱりふと、「あ~疲れた」って思いはします。
自分が疲れたなって思った時に、あの人は楽そうだないいなって思うんですけど、いい加減こういうのやめたい。
神様とか、私は特に信じてはいないんですが、あなたなら乗り越えられる、みたいなそういう事で神様から課題を課されてるとか言われて、どうせ思うならこういう考え方したいなって生きてます。

金曜日は昨日だったんだけどね。

最近はよく優しさとお節介の境界線について考えてたりしてます。
自分が誰かのために動いていることは「優しさ」なんですが、相手にとってはただの「お節介」「迷惑」になることがあるんだなー。
優しさであげたものを要らない、持って帰って、見せないでと全部全部否定された時に、ダメだこれはお節介で迷惑なんだなってやっと気づけるみたいな。ここ2週間は常にこんな感じ。ずっと優しさが空回り、お節介と迷惑のループ、みたいなとこ。

誰かと関わってないと生きれないんですが、どうも人と本当に深く付き合うのは今でも好きじゃないみたいです。
もうちょっとだけ好きになりたいなあ。

見た目と中身の話

ほんの少し前にお皿の上にあった料理を、流しに出すだけで生ゴミになる現象ってどういう事なのでしょうか……?お料理をする度に思います。

そりゃ、細菌やウイルスなどの問題があるのでしょうが、もしシンクの上が綺麗で清潔であっても、やっぱり同じことを思うのではなかと。
こういう時に、見た目の大切さを実感させられます。
『人も物も、万物は見た目が大切だ』と。

反対の事を考えれば、例えばボールペン。
周りは綺麗でも、中のインクが切れてしまえばそれはもうゴミです。詰め替え用のインクを詰めればまた使えますが、中身が無くなったらそれはもうゴミ。
こういう時には、中身の大切さを考えさせられます。
『人も物も、万物は中身も大切だ』と。

何かの事柄があれば、それに反する考えもある訳なので、社会や人生は楽しいけれど、それと同じくらい難しいんだと思います。

私は良くも悪くも見た目がアレなので、相手から寄ってくることは皆無に等しいです。
それでも話し始めると「第一印象は話しかけづらいのに、話してみると柔らかいね」とか言って下さることがあり、その時ばかりは全力で照れます。みんながみんなに言われる訳では無いですが、そう言って下さる方が1人でもいるっていうのは、嬉しいものです。

物はまず第1に見た目が大事。そのあと中身。
でも人は見た目と中身とのバランスが大事なのかな、なんて思いました。

素敵な人でありたいなあ。

はじめてみました

人生で何年かぶりのブログ開設です。

また飽きるまでは続けようかなと。

書きたいことが見つかった時には書いていきたいと思います。

ちなみにお察しの通り、自己満です。


最近は学校も春休みなので毎日起きて、バイトに行って、寝て、の繰り返し。

もうすぐ実習だというのにね。でもやりたいこと、会いたい人がいるうちは頑張って働くよ。

明るくて晴れてる日は歩いてバイト先まで行くのですが、歩いているだけでもたくさんの事を発見してる。

視界の端に捉えた畑に止まる1羽のカラスが実は黒い服を着たおじちゃんだったり、1人で歩いていると思ってた人が実は犬の散歩をしていたり。

視界の端に捉えるものって意外と曖昧なものばかり。

正確な情報が得られるのは焦点を合わせたほんの一部分だけみたい。

その都度その都度何が大切なのか、何を知らなきゃいけないのか、何を頭に残すために何を見なきゃいけないのかの選別を一瞬のうちにできるようになりたい。

実習まであとちょっと。終われば今年最大のお祭りだ~~~!

かんばろ